【羊と雲のライスバーガー】希少国産サフォークラム肉の旨みを片手で味わう|士別市のふるさと納税

羊と雲のライスバーガーのサムネイル バーガー

今回は、ご当地の特産品を使ったライスバーガーを紹介します。

北海道士別市の羊、サフォーク種のラム肉を使用したバーガーとなります。

こちらの特徴は、ギュッと詰まったラム肉の濃縮な旨みを味わえます。

士別産のモチモチしたお米と共にとても良いバランスです。


ご当地の特産品の合わさった手軽に食べられるバーガーを紹介していきます。

こちらはふるさと納税の返礼品として取り扱っています。

羊と雲のライスバーガーのパッケージ2

北海道士別市(上川総合振興局)

北海道士別市は道北、旭川市の北側に位置する山に挟まれた町です。

旭川からは車で1時間、札幌からだと2時間半ほどになります。

内陸の盆地に位置する士別市は、夏と冬の寒暖差の激しい内陸性気候です。

夏は30℃を超えることがあり、冬はマイナス気温が続く豪雪地帯。

冬の厳しい寒さという特性を利用して、自動車やタイヤメーカーの試験場があります。  

その界隈では、「スタッドレスの聖地」と呼ばれています。


またサフォーク種の緬羊が盛んで、「羊のまち」とも呼ばれています。

ふるさと納税では、希少な国産サフォークラムやジンギスカンなどを扱っています。

また羊毛を使った手袋やニット帽、羊毛布団、羊を連想するテーブルなどユニークなものもあります。

楽天の士別市のふるさと納税↓



羊をめぐる士別市のサフォーク種

羊のまち」としてのまちづくりは、市民と行政が連携して取り組まれています。

1967年にサフォーク羊を100頭輸入し、市営のめん羊牧場での飼育を開始。

1982年には市民団体による羊の地域活性化を推進し、羊毛製品などを手掛けていきます。

羊に関する施設やかわいいキャラクターが町のあちこちに点在する、まさに「羊のまち」です。

sheep-3789838_1920
Alicia RädlerによるPixabayからの画像

羊の品種のひとつであるサフォークは、食用種として世界で飼育されています。

顔と四肢が真っ黒な短い毛で覆われているのが特徴の大型の羊。

食用としての評価が高く、ヨーロッパ、とくにフランス料理で定評があります。

脂肪が少なく赤身が多いのが特徴で、ヘルシーな羊肉として人気です。


日本で最初にサフォーク種の飼育を始めた士別市は、羊のまちとして浸透し始めています。

国産羊は全体の1%に満たないので、浸透具合はもどかしいところでもありますね。

ちなみに、村上春樹さんの小説「羊をめぐる冒険」の羊のイメージはサフォーク種です。

北海道が舞台のこの小説、実際にサフォークを調べに士別市に取材にきたようです。

星模様のついた羊、そして羊男、、、。

羊と雲のライスバーガーのパッケージ3

さて、今回の「羊と雲のライスバーガー」は、士別サフォークラムを味わえるバーガーです。

士別サフォーク肉100%、生後1年未満のラム肉を使ったハンバーグ。

士別米にゴマを合わせたライスバンズで挟んでいます。

間にとろーりナチュラルチーズ山わさびのしょう油漬けが入っています。

羊と雲のライスバーガーのパッケージとパウチ

バーガーは真空パックに入っているのでそのままレンジで温めるだけ。

高さがあるのでひっくり返してもう一度チンして出来上がり。

手軽というのはありがたいことですし、大事なことですね。

あっという間に出来上がり。

「いざッ実食!」レポート

それでは、いただいてきます。

バーガーというだけでもテンションが上がりますね。

羊と雲のライスバーガーの正面の画

見た目はやはり小ぶり感がありますが、内容量は180gもあります。

傾いてしまいそうなほどの高さがありますね。

サフォークラムのハンバーグ自体結構な厚みがあります。

ライスバンズもそれなりの厚みで挟んでいるので食べ応えがありそうですね。

羊と雲のライスバーガーの斜め

それでは、大きな口をあんぐりをあけてひと口。

サフォークラムのハンバーグはギュッとしまっていてしっかりとした歯ごたえ。

ハンバーガーを食べる時のボリューム感が満点です。

この厚みだからこそ感じることのできるダイナミックさですね。


脂はほとんどなくしっかりと赤身肉がこねられた噛み応えがある。

塩味の効いたラム肉の旨味を強く感じます。

匂いは感じず、ニクニクしさはしっかりと残っています。

ハンバーグであっても「肉を食う」ような力強さがありますね。

羊と雲のライスバーガーの中身1

ライスバンズはモチモチとした弾力があります。

米粉をつなぎに固めているようで、米の旨味を感じる。

ゴマのプチプチした食感が良いアクセントになって肉と混じりあっていく。

お肉とお米を一緒に食べる相乗効果で高まった至極の味にたどり着きます。


塩味のあるチーズはニクニクしい味をマイルドに変化させる。

チーズっていうのはどこにいても万能な役割を果たしますね。

山わさびはあまり感じることはなかったので、辛みの苦手な人でも食べやすい。

辛みが欲しい人は、トッピングのように足しても間違いなくおいしくなりそう。

羊と雲のライスバーガーの中身2

最初は見た目の小ささから量が少ないかなと思いましたが、意外や意外。

ハンバーグもライスバンズもギュッと詰まっているので結構お腹が膨れました。

普通のハンバーガーぐらいのボリュームはあるので、サイドメニューと合わせれば一食になりますね。

小さいからと侮れない満足感と美味しさでした。

商品の情報

羊と雲のライスバーガーのパッケージ1

商品名:羊と雲のライスバーガー

內容量:180g

原材料名

ライスバンズ(白だしご飯、白ごま、 黒ごま、米粉 ) (北海道製造)
ハンバーグ(ラム肉 (北海道士別市産)、玉葱すりおろし、その他)
ナチュラルチーズ、 山わさび白しょうゆ漬け(山わさび、しょうゆ)/調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、セルロース、甘味料 (ステビア、甘草、サッカリンNa)、香辛料抽出物、 酒精

栄養成分表示(100g当り)

エネルギー:241kcal
たんぱく質:10.3g
脂質:9.9g
炭水化物:22.1g
食塩相当量:1.6g
(推定値)

ふるさと納税の返礼品の紹介

北海道士別市のふるさと納税として取り扱っています。

3個セットはこちら↓

北海道士別市
¥10,000 (2023/12/08 16:02時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

他のサイトをご利用のかたはリンクから確認してみてください。
取り扱いはサイトによって異なります。

ヤフーショッピング(ふるさとチョイス・さとふる・ふるなび)
さとふる ふるなび ふるラボ
ふるさと本舗 ふるさとプレミアム

士別市のふるさと納税では羊に関する返礼品がたくさんあります。

他にもお米や季節野菜、北海道産ビートのオリゴ糖なども扱っています。

ぜひ一度ご覧になってみてください。

楽天の士別市のふるさと納税↓



コメント